パッとプリント、すぐにお届けパプリ by ASKUL

商品点数 0
合計(税込) ¥0

カート

年賀状を知って楽しむお役立ちコラム

Vol.2  パプリで年賀状の宛名印刷を簡単に!

コロナ禍でなかなか会えない人へ挨拶するには年賀状が最適です。手書きで一言が添えてあるだけで、会えなくても思いを伝えられるでしょう。年賀状作成時の宛名作成・印刷は、パプリの「年賀状印刷2022」を活用すれば簡単に進められます。本記事では、宛名印刷を利用するメリットや宛名作成時の注意点などを解説していきます。

パプリは年賀状の宛名印刷が無料!

まず、パプリの年賀状印刷の特徴についていくつかご紹介します。最も魅力的なのは、宛名印刷が無料であることです。住所録を登録し、送りたい相手を設定するだけで宛名面を簡単に作れます。数多くの年賀状を作成する方や、自分で印刷するといつも失敗してしまうという方はお任せできるので便利です。

絵柄と宛名の両面印刷でも最短翌日に届く!

年賀状印刷は、デザインやご注文枚数、内容等を記入するだけで申し込みができます。通常の印刷だと最短翌日に届き、宛名印刷を含める場合も+1日ですぐに手元に届きます。

絵柄と宛名の両面印刷でも最短翌日に届く!

カンタンに作れるオンライン住所録

パプリでは、オンライン上で住所録を作成できます。一度作成しておけば、データがそのまま残るためご注文の度に入力する手間が省けます。先々の暑中見舞いや年賀状を作る際にも役立てることができます。編集や更新も任意のタイミングでできるので、住所や氏名変更に簡単に対応可能です。登録した住所はExcelデータでエクスポートもできるため、顧客リストとしても再活用もできるでしょう。

オンライン住所録

プレビュー機能で自在に調整

はがきの宛名印刷面は、ご注文前にパソコンの画面上でプレビュー機能を使って仕上がりをチェックすることが可能です。会社名や名前の表記バランスが悪かったり、文字数が多い部署名の印刷位置の調整が必要だったりする場合は、自由編集機能を使って手軽に調整できます。また、会社のロゴなどのデータも取り込めます。テンプレートにオリジナルの画像やロゴを加えることでより工夫を凝らした年賀状が作れるでしょう。

投函代行

パプリでは、年賀状の投函サービスを無料で実施予定です。出来上がった年賀状をお客様の手元に届けることなく、お客様に代わってアスクルがポストに投函する仕組みです。年賀状の作成、印刷、投函までを一気通貫で依頼できるため、忙しい方にオススメのサービスです。

宛名印刷なしのご注文もOK

パプリでは、年賀状の宛名印刷なしのご注文ももちろん受け付けています。絵柄だけの作成なら最短5分ほどで年賀状が完成し、すぐにご注文できます。年末の忙しい時期でも手軽に取り組めます。

はがきの絵柄面も好みのデザインを選択できるよう、さまざまな種類を用意しています。例えば、フォーマルな絵柄からカジュアル系、かわいい系、シンプルな干支や縁起物の柄、写真を入れるタイプなどから選ぶことが可能です。

カンタン! 宛名データ(住所録)の取り込み方法

住所データ(住所録)を初めて登録する場合は、住所録の管理画面から新規で登録を行うか、あるいは宛名リストをアップロードし一括登録を行う方法があります。1件ずつ登録する場合は作成した住所録の「宛名を追加する」というボタンから必要事項を記入し追加します。住所録の編集や削除も同一画面でできます。

宛名リストを使って一括アップロードをする場合は、パプリの公式サイト上でダウンロードできる「.txt形式」のサンプルリストを使うと簡単です。方法は、まずPCにダウンロードしたサンプルリストをExcelの新規シートにドラッグ&ロップします。宛名リスト用のテンプレートが画面に表示されたら、テンプレートの必須項目を入力していきます。その際、氏名など必須と表示された項目は必ず埋めるようにしましょう。また不要な箇所はセルを空欄にしておきます。全ての入力が完了したら、「.txt形式」で保存します。それをアップロード画面で上げ、登録ボタンを押せば一括登録が完了します。

※詳しくはこちらをご参照ください。 https://spc.askul.co.jp/print/postcard/nenga/atena

宛名印刷サービスのメリット

宛名印刷をする方法には、パプリの年賀状印刷のようなサービスを利用するほか、家庭用プリンターを使ってご自身で印刷するか、手書きで一枚ずつ書く方法、またはコンビニのネットプリントを使うなどがあります。枚数が少ない場合は、手書きやご自宅のプリンターでもそれほど労力を要しませんが、枚数が大量である場合は非常に手間がかかります。また手書きだと書き損じてしまったり、プリンターでも印刷位置がずれてしまうなど微調整に時間がかかったりすることがあります。

そのため、枚数が多い年賀状をミスせず効率良く作るには年賀状印刷サービスを利用することをおすすめします。手書きの間違いや印刷ミスが起きないため、年賀状の作成を簡単かつ素早く済ませられます。また、印刷業者にて印刷する方が文字や絵柄のかすれやインク染みがしにくく、仕上がりがきれいです。各種テンプレートを使うことで、段組みや文字の大きさも常に適切な状態で印刷されます。見栄えも良く、かつ手間がかからない年賀状印刷希望されるのであれば、外部サービスへの依頼が適しています。

宛名印刷の注意点

宛名印刷をする場合に気をつけるべきポイントは、住所と氏名に間違いがないか確認しておくことです。当然ですが、住所に誤りがあれば年賀状は届きません。郵便番号にミスがないか留意するのはもちろんのこと、郵便番号が誤っていても届くように宛先住所は都道府県名から記すようにしましょう。

氏名は、漢字に誤りがないか、また会社宛のものは法人名や役職などにミスがないかも確認しておきましょう。昨年の年賀状だけでなく、名刺やメールの署名など最新の情報が掲載されているものをチェックすると良いでしょう。

これらはご自身で印刷される場合でも、年賀状印刷サービスを利用される場合でも同じように確認する必要があります。特に投函代行を利用する際は完成品を見る機会がないため、プレビュー画面できちんと確認しなければなりません。

年賀状印刷ならデザイン1000点以上のパプリ!

パプリが展開する「年賀状印刷2022」は、宛名印刷が無料で、最短翌日にお手元に届く迅速さが強みです。絵柄面のデザインもさまざまなテンプレートを用意しており、1,000点以上のデザインから選ぶことができます。オンライン上で住所録が作成できる機能も備わっており、一度作ればデータを活用してそのほかの季節の挨拶状などもWeb上で作成、ご注文できます。

毎年、年賀状の作成に手間と時間を要して困っている方や、新型コロナを機になかなか会えない方に年賀状で挨拶したいと考えている方など、ご自身の目的に合わせてぜひ利用を検討してみてください。