パッとプリント、すぐにお届けパプリ by ASKUL

商品点数 0
合計(税込) ¥0

カート

【カレンダー名入れ】コラム

Vol.3  おすすめの人気ノベルティランキング!
喜ばれる販促アイテムを紹介

ノベルティの配布は代表的な販促策の一つですが、どんなアイテムを配るかによって得られる宣伝効果に違いが生じます。今回はノベルティという言葉の定義や選び方のポイントについて解説します。おすすめのノベルティも紹介するのでぜひ参考にしてください。

ノベルティとは

ノベルティとは、企業が自社や自社の商品、サービスについて広く顧客に知ってもらうために配る記念品のことです。もともと英語のnoveltyには「目新しい、斬新」という意味がありますが、日本においては「宣伝目的に配られる企業名の入ったアイテム」を指して使われています。また、販促以外にも、企業のイメージアップを狙って配布される場合もあります。

ノベルティは必ずしも企業の宣伝したい商品と関わりがなく、ボールペンやカレンダーといった安価で実用的なアイテムが選ばれる傾向があります。ノベルティを手元に置いて使ってもらえれば、日常的に企業のロゴが目に入るため、自然な形で少しずつ認知度を向上できるからです。

ノベルティの選び方

ノベルティとして配るアイテムは、社名入りであれば何でもよいわけではありません。ここでは、宣伝効果を高めるノベルティの選び方を解説します。

使ってもらえるものを選ぶ

ノベルティをせっかく配っても、そのまま放っておかれてしまっては意味がありません。ノベルティを配布するシーンとしては、来店・来校記念、取引先への挨拶、資料請求などさまざまな場面が考えられます。その場ですぐに使えるものであれば、相手に喜んでもらえますし、どこかに仕舞い込まれたまま忘れられてしまうことも少なくなるでしょう。例えば、アンケート記入がある場合は筆記具が便利ですし、スポーツのイベントであればタオルやポーチ類は気が利くアイテムとして喜んでもらえそうです。

また、せっかくよいアイテム選びをしても、デザインによっては使ってもらえない場合があるので注意が必要です。企業のロゴデザインが大きいほど宣伝効果は高まりますが、もらった人としては外で使用するのに抵抗を感じやすくなります。ターゲットのセンスからかけ離れたノベルティは受け取ってもらえないこともありますし、「この企業はユーザーのことをわかっていない」というマイナスのイメージを持たれてしまう恐れもあります。特別な理由がなければ、ノベルティのデザインはできるだけシンプルにするのがおすすめです。

企業イメージに近いデザインのものを選ぶ

ノベルティのデザインは、企業イメージをコントロールする上でも役立ちます。エコ活動に取り組んでいる企業であれば、環境にやさしい素材を使用したアイテムを選ぶことでその活動をアピールできます。テクノロジーを駆使した先進的な企業だと印象付けたい場合、洗練されたスマートなデザインを選ぶとよいでしょう。このように企業イメージに合うデザインを選ぶことで、自分たちが社会とどう関わっていこうとしているのかを発信することもできます。

人気ノベルティランキング

ここでは、ネット印刷サービスを展開するパプリの2020年度購入者数ランキングから、人気のノベルティご紹介します。ノベルティ選びに迷っている企業の方はぜひ参考にしてみてください。

1位 カレンダー名入れ

カレンダーは年末に向けて需要が高まる定番のノベルティです。365日使用するアイテムなので、高い宣伝効果が期待できます。

2位 タオル名入れ

タオルは生活必需品であり、何個あっても困らないことから根強い人気があります。家庭においては料理から掃除まで活躍の場が広いこともあり、女性に喜ばれやすいアイテムです。スポーツやアウトドアでの活動にも使用されるので、年齢や性別を問わず多くのターゲットに利用してもらえるでしょう。

3位 筆記具名入れ

筆記具は、デジタル化が進んだ今でもビジネスマンにとってなくてはならないアイテムです。特にボールペンはアンケートを記入する際などにその場で使ってもらえますし、持ち帰った後も活用してもらえる確率が高いため、持続的な宣伝効果が期待できる人気のアイテムです。

小ロットからOK! ノベルティ・名入れカレンダーならパプリ

ノベルティを注文したいけれどそこまで大量にいらないという場合、最小10個〜と小ロットかつリーズナブルに注文できるパプリがおすすめです。注文はネットで簡単に行え、税込1,000円以上を注文すれば送料無料です。一番人気の名入れカレンダーも豊富なデザインを用意しているほか、今回紹介したノベルティ以外の商品も幅広く取り揃えています。ぜひ気にいるアイテムを探してみてください。

ノベルティは上手く活用できれば企業の認知度やイメージアップに貢献します。ただし、社名が印字されてさえいれば何でもよいわけではなく、アイテムやデザインによって受け取った人の満足感は大きく変わり、宣伝効果に差が出る場合もあります。今回紹介したアイテムの選び方やおすすめのノベルティを参考に、企業の目的に沿ったノベルティを選んで高い販促効果を実現させましょう。