パッとプリント、すぐにお届けパプリ by ASKUL

商品点数 0
合計(税込) ¥0

カート

PDFデータ入稿タイプとは

PDFデータ入稿タイプはお客様がAdobe イラストレーターやMicrosoft Office®等で作成したデータを指定された形式のPDFデータにに変換しWebから入稿するタイプの商品です。
対象となる商品はこちらのページに掲載されている商品です。PDFデータ入稿タイプ

ご注文の流れ

入稿データ作成 商品スペック数量選択 入稿データアップロード カートへ入れるレジで確認 注文完了

入稿データ作成の手順

STEP1
テンプレートダウンロード
STEP2
デザイン作成
STEP3
PDFデータ変換
作りたい商品のテンプレートを選び
ダウンロードしてください。
テンプレートに文字や画像などを入れて
デザインを作成してください。
デザイン作成したデータを
入稿用のPDFに保存、書き出ししてください。

テンプレートのダウンロード

テンプレートをご利用しデザインを作成いただくと規定のサイズでかんたんに作成でき、印刷前、印刷後のトラブルや再入稿が発生しにくくなります。
対応アプリケーションはAdobe Illustrator® 、Microsoft Powerpoint® 、Microsoft Word®です。 下記リンクより作成したい商品をご選択いただきテンプレートをダウンロードしてください。

  • テンプレートをご利用いただかないデータで入稿いただきますと想定していた仕上がりにならなかったり、再入稿をお願いする場合がございます。
テンプレートダウンロードページへ PowerPointで使えるチラシのデザインテンプレートはこちら

デザイン作成時の注意点

印刷物の多くはご入稿いただいたデータに手を加えず印刷機で印刷した後、ご注文いただいたサイズで断裁いたします。
デザイン作成時には、以下の「入稿前のチェックポイント」「よくあるトラブル」に気を付けて作成ください。 データの不備を無くすために、弊社テンプレートを使って制作いただくことをお勧めいたします。 データに不備がある場合には、想定外の仕上がりになったり、再入稿をお願いするため納期が遅れることがございますのでご注意ください。

テンプレートダウンロード

入稿前のチェックポイント

データ不備による再入稿や仕上がりイメージの違いを避けるために以下のチェックポイントをご入稿前にご確認ください。

  • 当サイトのテンプレートを利用して作成されていますか?テンプレートダウンロード
  • PDFデータになっていますか?PDF上で注釈機能などは使っていませんか。
  • ドキュメントはセンターに配置されていますか?
  • 塗り足しや字切れは正しく処理されていますか?デザイン作成の注意点
  • サイズは、注文する商品と同一になっていますか?
  • 注文したページ数と入稿データのページは一致していますか?デザイン作成の注意点
  • 文字はアウトライン化、またはPDF埋め込み(エンベット)されていますか?
  • RGBや特色は使用されていませんか?(CMYKプロセスカラーのみ対応です。)
  • インク総量が350%以下になるようにしてください。(C80% M80% Y20% K20% の場合、インク総量は200%)
  • データの容量は50MB以下ですか?
  • 最後にお手持ちのプリンターで出力し、不備がないか確認を推奨します。

よくあるトラブル①

「塗り足し不足」※フルカラー封筒印刷を除く

フチなしで仕上がり線のところまで一杯いっぱいに色や模様などのデザインを入れたい場合は仕上がり線をまたいで「塗り足し」をつけてください。
「塗り足し」が足りないと仕上がりサイズに断裁した時に、インクの載らない白い部分が出てしまいます。
また例外として、フルカラー印刷封筒は封筒の内側1センチは印刷不可領域ですので、内側1センチ以内には画像などを配置しないでください。

塗り足し不足

よくあるトラブル②

「字切れ」

仕上がり線上に文字やイラストがあると断裁時に「字切れ」してしまいます。
「字切れ」を防止するには、仕上がりより3mmほど内側に文字やイラストを配置してください。

よくあるトラブル③

「サイズ違い」/「センター配置になっていない」

ご注文いただく商品のサイズと違うデータを入稿いただくとデータ不備で再入稿をお願いする場合があります。
また、名刺作成では、データがPDFのセンターに配置されていない場合、正しいサイズになっていてもデータ不備となります。
かならず注文したい商品のテンプレートを使用いただきデータを入稿してください。

テンプレートダウンロード

よくあるトラブル④

「PDFの注釈機能を使用する」

PDF上で付け加えられた注釈機能などの内容は印刷に反映いたしません。
PDFを作成される前の元のデータをご修正のうえ、PDFを再作成してください。

よくあるトラブル⑤

「1ファイルに複数ページが含まれてしまっている」/「冊子のページ順が間違っている」

パプリではアップロードするPDFデータ1つに対し片面1つ分のデータにしてください(例えば、両面印刷の場合には、表裏で2つのPDFデータを入稿)。ただし一部中綴じ冊子印刷では1ファイルに複数ページを含めて入稿する場合があります。
その際には、Webページに記載のページ順でデータを制作してください。

冊子のデータ制作のポイント

PDFへの保存・書き出しについて

デザイン作成したデータを入稿用にPDFデータに変換いただきます。
作成したアプリケーションによって変換方法が異なりますので下記リンクよりご確認ください。

カラーについて

印刷ではCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、黒)の4色を使用してフルカラーを表現します。特色は対応できません。
印刷色でカラーを選択した場合はCMYK、モノクロの場合はモノクロデータで作成してください。

【officeデータで入稿いただく場合のご注意】

Microsoftのofficeで制作したPDFデータのカラーの方式はRGB(レッド、ブルー、グリーンの3色の光の合成を前提として色指定方式)となるので、印刷で用いるCMYKとは色の表現できる範囲に差があり、印刷データに変換された時に、少し暗めで、くすんだ色になる傾向があります。
そのため、officeで制作したPDFデータで入稿いただく場合には、PCでの見た目と仕上がりとの差が大きく出てしまう可能性が高くなりますので、ご理解の上ご注文ください。

上記はイメージですので、実際の仕上がりとは異なります。

データアップロード

入稿データアップロードの方法

商品ページに進んでいただきスペックと数量を決定した後データアップロードページへと進みます。
アップロードボタンを押していただき入稿用のPDFファイルを選択してください。

よくあるエラーと対処方法

パターン エラーメッセージ 対処方法
PDFバージョン PDFのバージョンは 1.2 未満です 対応しているPDFのバージョンは1.3~1.7です。PDFへの保存・書き出しについてのページをご確認いただきバージョン1.3~1.7になるように書き出してください。
PDFの保存がうまく出来ない場合にはPDFデータ変換サービスをご用意しております。
PDFバージョン PDFのバージョンは 1.6 以上です
ページ情報 ページ数はと等しくない 1 アップロードするデータ1つに対し片面1つ分のデータをアップロードしてください。
プロセスカラー オブジェクトの総インク適用範囲はより上 350% インク総量が350%以下になるよう設定ください。
プロセスカラー 画像にインキ総量が 350% より上の領域が含まれています
プロセスカラー Lab カラー が使用されています 特色は使用できません。CMYKカラーモードで作成してください。
特色 特色 「特色名」 が使用されています
埋め込みフォント フォント 「フォント名」 が埋め込まれていません 指定されたフォントはPDFへの埋め込みが禁止されています。別のフォントを使用してください。
白のオーバープリント 白のオーバープリントが使用されています 白のオーバープリントは再現できませんので使用しないでデータを作成ください。