自由編集機能について/画像の配置

扱える画像について

デジカメで撮った写真や、ロゴなどの画像ファイルを読み込むことができます。
この機能で読み込める画像ファイルには、次の制限があります。

画像の制限事項

  • 画像ファイルの形式は、JPEG・PNG・SVG形式のみです。ただし、これらには例外として特殊な内部構造を持つものがあり、読み込めないことがあります。
    • CMYK形式のJPEGファイルは読み込めません。
    • PNGファイルはPNG8・PNG24・PNG32形式のいずれも読み込めますが、PNG8形式のうち2値化された形式は読み込めません。
    • SVG形式のファイルをアップロードする際は、必ずアウトライン化してください。尚、Adobe Creative Cloud(CC)をお使いの場合、自由編集画面よりアップロードするSVG画像が認識されない場合があります。Adobe Creative Cloud(CC)でSVG保存する際には、SVGオプション内「詳細オプション」をご確認ください。
      (1)「小数点以下の桁数」を「3」以上にしてください。
      (2)「エンコーディング」を「Unicode(UTF-8)」にしてください。
      (3)「レスポンシブ」のチェックを外してください
  • 縦横のどちらかが4,000ピクセルを超える大きさの画像ファイルを読み込むことはできません。
  • きれいに印刷するための画像の推奨解像度は300dpi~350dpiです。読み込んだ画像の解像度が300dpiを下回る場合、編集完了時に警告メッセージが表示されます。
    同じ画素数の画像ファイルでも、読み込み後にサイズを縮小すると解像度は上がり、サイズを拡大すると解像度は下がります。
  • 1つのデザインに配置できる画像の総容量には上限があり、それを超えるような読み込みはできません。
    初期状態で貼り付けられている背景画像等を含め、1デザイン中の画像総容量は次のようになります。

新しい画像を読み込む

画像ボタン
  1. [画像]ボタンを押します。
    文字入力の設定パネルに切り替わります。
  2. [ファイル選択...]ボタンを押します。
ファイルを選択するダイアログ
  1. ファイルを開くダイアログが表示されるので、読み込む画像ファイルを選択します。
  2. [開く]ボタンを押します。

ファイルを開くダイアログの内容は、使用するOSやブラウザによって変わります。

読み込まれた画像
  1. 画像が読み込まれ、編集領域の中央に配置されます。
    ドラッグして適切な位置に移動したり、4隅のつまみをドラッグしてサイズを変更したりします。
  • 画像の4隅のつまみをドラッグすると、変形のためロゴや顔写真などの比率が変わることがあります。画像の縦横比を維持したいときは、画像を選択し、[□オリジナルの縦横比を保持]チェックボックスをクリックしてチェックを付けてください。
  • 画像を拡大・縮小しても、画像に含まれている画素数は変わりません。そのため拡大すると印刷時の解像度は下がり、縮小すると印刷時の解像度は上がります。
  • 画像の色は、現在選択されているデザインの色数に応じて自動的に減色されます。たとえばモノクロの編集領域にフルカラーの画像を読み込んだときは、画像の色は白・黒の2色に変換されます。

画像編集の設定

編集領域の画像を選択すると、画像編集の設定パネルからは、画像の90度回転やトリミングなどを行えます。

画像編集の設定パネル
  1. 画像を時計回りに90度回転させます。
  2. 画像を半時計回りに90度回転させます。
  3. チェックを入れると、画像の周囲のつまみをドラッグして変形したときに、元の縦横比が保たれます。
    チェックを外すと、縦方向・横方向を別々に伸縮させることができます。
  4. 画像の任意の範囲を切り抜きます。次項を参照してください。

画像をトリミングする

トリミングとは、画像の周囲の余分な部分を切り落とし、必要な部分だけを残すことです。

トリミングボタンを押す
  1. トリミングしたい画像をクリックして選択しておきます。
    画像編集の設定パネルに切り替わります。
  2. [トリミング]ボタンを押します。
トリミング中
  1. 画像がトリミング枠で囲まれます。つまみをドラッグしてトリミング枠の大きさを変更し、トリミングしたい範囲に合わせます。

    • トリミング枠の内部をドラッグすると、トリミング枠の位置をずらすことができます。
トリミング終了
  1. 終わったら、トリミング枠の外をクリックするか、[Enter]キーを押します。。
    画像がトリミングされます。

    どれかのつまみをクリックするか、もういちど[トリミング]ボタンを押してもトリミングが実行されます。